合体13 瞬く星空と流れ星
既発OK 冬のボツ句祭り

既発OK 冬のボツ句祭り
冬の季語でなくてもかまいません。

【開催期間】
投句の締切:1月20日(土)21時
選句の締切:1月27日(土)21時

  • 総投句数:12
  • 終了日時:2018年01月20日21時00分
  • 選句に参加した投句者には1点が加算されます。
1
6

抜けた歯を雪だるまの命とする

Judi さん

qlrkQk https://www.genericpharmacydrug.com(1970/01/01)

蘭子 さん

抜けたのは幼児の歯かと想像した。遊んでいる最中に抜けた歯を雪だるまの心臓部にうめる。歯の抜け替わる頃の子供が雪だるまを作っている光景が微笑ましい。(1970/01/01)

蘭子 さん

抜けたのは幼児の歯かと想像した。遊んでいる最中に抜けた歯を雪だるまの心臓部にうめる。歯の抜け替わる頃の子供が雪だるまを作っている光景が微笑ましい。(1970/01/01)

斎藤秀雄 さん

狂っておる(褒め言葉)。わざわざ雪だるまに抜けた歯を入れるとは(「入れた」とは書いていないけれど、そう解釈した)、儀式めいており、怖い。雪だるまといえども、人形の一種である。命とはいわないまでも、精神ぐらいは宿ってしまうだろう。それでもどこか救い、というか、安心感のようなものがあるのは、雪だるまはどんなに凶暴化し、巨大化しようとも、やがて溶けてしまうだろう、という連想が働くからか。/いや、でも、考えてみれば「抜けた歯」って、「雪だるま」のどこかの一部分っぽいという感じもして、いいことを言っている句のような気もしてきました。(1970/01/01)

2
5

居間独りただ納豆の匂ひけり

3
2

喝采の馬場駆け抜けて北の春

3
2

学歴の欄ラララランどんどドン

3
2

正月やまず老犬の餌を買う

3
2

水涸るるリード引く手の荒れてをり

7
1

春隣る瀧廉太郎の旋律

7
1

強がりが恥ずかしげもなく春めきて

7
1

pHのちがひ冬至湯熱くてハー

7
1

駅弁に花人参の探梅行

7
1

ようやつと咲まふ脱北探梅行

7
1

ゴミ箱へコンドーム捨てるクリスマス

#Q ̃cC[g